京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年01月16日

射し込む光




朝の優しい光が窓から射し、竹やぶの緑が目を潤します。


ここは懶雲洞。懶雲とは漂う雲の意味。

関雪が使用した画室の一つです。



白沙村荘では、東山からの太陽がいつも美しく庭を照らしています。


特に朝方の光は、まばゆく強く池に射しているので室内もその反射光で満たされて気持ちが良いです。




このままボンヤリとして、日光浴していたいものです。
  

Posted by ハシモトシンジ at 15:30Comments(0)【白沙村荘】