京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年10月26日

「白沙村荘改修工事の現在」感想

先週土曜日に行われた国民文化祭イベント、まゆまろチャレンジの「白沙村荘改修工事の現在」には多くの方達が来て下さいました。


このイベントは常日頃から白沙村荘を気にかけて下さる方や、茶室の罹災に関してお世話になった方等を中心に「今まではこんな感じで進んで来まして、こうなりました」そして「現在からはこうなりますよ」というご報告の意味合いもあり開いたものです。

茶室の罹災についても未だ漏電が原因とも思われており、実際のところは警察・消防共に「不明」とされているのですが「不明」という事は・・漏電や原因の解る失火のたぐいではないという事ですよね。
罹災当時に取り上げていたメディアも、結果報告は全く無い状態でしたから報告をするためにはこちらで場を設けないといけないケースもあるのです。



そんな訳で行われたイベントの冒頭では「本工事は単に茶室や損傷箇所の修復を目的とするわけではなく、2016年に来る白沙村荘造営100周年に向けてのものであり、100周年を迎えた時に白沙村荘が100年前の姿に戻るというロマンを持つ事業なのです。」と説明を致しました。



皆さんはそこまでやる事を想定していなかったようで、かなりビックリされていました。
100年前、橋本関雪が田畑の中に白沙村荘を造営した時、周囲の人達はどうしたでしょう?


もちろん「何だ、何だ?」と見物していたはずです。




今回の改修は、それに倣って出来る限り改修現場を公開しながら進めていく方針となっています。
中に入る事は危険が伴いますから、外からですがいつでも見ることが出来るようになっています。





それらの事を皆さんに伝えられたことは非常に意義のあることだと思います・・思いますが、ついうっかりと内部説明を怠りましてコメンテーターをお願いした人に迷惑をかけてしまいました。申し訳ありませんでした。

次回は春。茶室の完了と共に、設計管理部門から中村昌生先生と下条典功氏、そして工事部門から山本隆章棟梁が出来上がった茶室に関してのご説明を皆様に申し上げる予定です。私? 私は横手から気楽に話しかける程度でしょうか。難しい話はわかりませんしね。
  


Posted by ハシモトシンジ at 22:22Comments(0)【勤務日誌】

2011年10月26日

加藤敬作陶展







2011年10月26日(水)から11月1日(火)までの期間中、白沙村荘内 中画室懶雲洞(ランウンドウ)にて「加藤敬作陶展」が開催中です。

入場無料。午前11時から午後18時まで。(最終日は17時まで)



皆様の御来場をお待ち申し上げます。  続きを読む


Posted by ハシモトシンジ at 20:55Comments(0)【催事情報】

2011年10月17日

線が描きだす少女の面影

ファーバーカステル社のCMが異常な反響を呼んでいるようです。


そのCMの映像はこちら。男性がファーバーカステル製のフェルトペンでクルクルと円を描き始めます。中心から始まった円はクルクル、クルクルと不規則に外側へ向かいます。



そして画面を半分ほど埋め尽くしたクルクルが描き出した形とは・・?




それは見てのお楽しみです。
  


Posted by ハシモトシンジ at 23:18Comments(0)【勤務日誌】

2011年10月17日

茶室の工事が本格化




今日から茶室の工事が本格化し始めた様子です。
ずっと材料検査が続き、そして選定が済んだら刻みが始まり中々始まらないな〜・・と考えていましたが始まると速い! ・・ハズ。

刻みというのは、木材を手作業でコツコツ刻んで礎石の肌に添わせたりする作業です。
その仕事の様子はまさに職人。皆さんに見てもらいたいのですが、職人さんは基本恥ずかしがりやさんですからね。



さて、この茶室がメインではなく今からの諸々の工事こそがメインだということはあまり周知されていません。
しかしここからが・・山で言えば4合目。一番キツイ難関です。

なぜ今年から色々始まっているのか、それを話すのは少し内部的な問題もあります。
それらは依然問題として残っていますが、よく話し合いをする中で「やるのか、やらないのか」という言葉がよく出てきます。

コレは多分、外部の方の口癖が影響されているのだと思いますが「Yes or No?」という事を口にする方がいるんですよね。




自分としては「やるのか、やらないのか」という質問自体がナンセンス。
「如何に進めるか」だけが問題であって、「出来ない、やらない」なんて選択肢はありませんよね。

意味があるのか無いのかを考えること自体が意味のないこと。
嫌なら最初から関わらなければ良いんです。外部の方も、身内もね。



とりあえずは22日の国民文化祭イベントで、経過報告を行いたいと思います。
興味のある方は是非どうぞ。



  


Posted by ハシモトシンジ at 21:15Comments(0)【白沙村荘】

2011年10月14日

象彦所蔵の逸品 淀君から現代まで



象彦漆美術館の創業350周年記念展「象彦所蔵の逸品」が凄くそそられています。


最近は何かと外出しづらく、気がつけば色々な展覧会がフィナーレを迎えているのですが・・これだけは見に行きたい。
蒔絵大好きですからね。漆の艶やかな輝き、手に取ったときのあの吸い付くような触感(※展示品は触れません)。

棗などでも古い良いものは、開け閉めだけで気持ちいいですよね!



と、まぁフェチっぷりを披露してみましたが、美術工芸品としてそしてデザイン的な観点からも必見の展覧会です。
帰りに高いものを買って帰らぬように、財布は家に置いて見に行くことにします。


  


Posted by ハシモトシンジ at 18:06Comments(0)

2011年10月09日

京都国民文化祭イベントのお知らせ






10月22日の土曜日に、上記のようなイベントを行います。

先日終了しました渡り廊下の公開と、現在行われている茶室再建工事の状況をお知らせするイベントです。


入場は無料。皆様の御来館をお待ち申し上げます。


  

Posted by ハシモトシンジ at 13:03Comments(0)【勤務日誌】