京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年11月29日

紅葉通信2010 Final




叢に紅一点はよく言いますが、これは黄一点。



他のカエデが全て紅く染まり、散りゆく中で日当たりの悪い場所にある物が最後に彩りを添えます。


もうすぐ終わり。だからこそ美しいのです。





まだ銀閣寺前にはたくさんの人が歩いていますが、ひとまず区切りとして今年の報告を終わりたいと思います。




蓋を開けてみれば、今年の色づきは数年ぶりの良い色でした。


また来年も良い色を楽しめるといいですね。
  

Posted by ハシモトシンジ at 18:27Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月27日

紅葉通信Vol.9

とうとうやって来ました正念場ぁ〜。

残り少ない体力をここで使わず何時使う。行くぜ精魂尽きるまで〜。
・・・って、尽きちゃあ困るのですが。

11月がバタバタだったので全てのアポを今週明け以降に設定していますからね。
まだまだ行くよ〜。かかってこい、文○庁!! そして○都府、伝○の皆さん!!


さて、そんな訳で紅葉の様子。







西側の紅葉はまだこんな感じです。東側は結構散り始めなのですが。
建物を挟むだけでこんなに変わってしまいます。



メイン部分となる東側は、茶室付近と入り口付近矯々門のあたりが今からピーク。
西側は持仏堂辺りがとってもいい感じです。




ではまた明日余力があれば更新しますね。



  


Posted by ハシモトシンジ at 21:02Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月27日

リテラシー

「こちらは誰かのお家だったんですかー?」


ハイ、橋本関雪という日本画家が住んでいました。現在もまだ半分の敷地は個人所有となりまして、このようにレストランなども運営されている訳です。



「そうなんですねー。ここでご飯も頂けるんですねー。」


(・・ねー?)まぁそういう事です。




「こちらにも建物がありますけど、これもご飯の場所ですかー?」


(・・ご飯の場所?)いえ、これは主家です。住まいの一部ですね。





「そうなんですねー。うわー、お庭広いですねー。」

ハイ、庭園部分で約2200坪・・7000平方メートル近くあります。



「凄く広いんですねー。これは誰かのお庭だったんですかー?」






それは


さっき


説明した






だ。




一日に一回が限界です。何がかって?


疲れる会話の対応に決まってるじゃあないですか。
  

Posted by ハシモトシンジ at 15:43Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月27日

ボンボンの気概

市川海老蔵が六本木で呑んでボコられたニュースが流れています。



ただ呑んでボコられたのなら「あ〜可哀相にね。飲み過ぎ注意。」で終了ながら、体調不良で会見キャンセル・・つまりお仕事をサボッて呑みに行き、挙げ句に怪我を負い舞台にも穴をあける模様。

通常の概念で言えば、ただのダメ人間です。



ただでさえそういった環境に生まれれば、阿呆だボンボンだと言われやすいのに立証してどうする。


今ある歌舞伎の評価は偶然で作られたものではなく、先達のたゆまぬ努めで築き上げられたもの。

規範を示さずにただ乗っかるだけでは、ボンボンと蔑まれても・・仕方ないじゃないか。




なんというか、海老蔵だけではなく同じ立場の人には家に寄り掛かるのではなく、家を支える気概を持って欲しいのです。


京都にもいっぱいいるからね・・この手合いは。
  

Posted by ハシモトシンジ at 09:29Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月22日

紅葉通信Vol.8

皆さんお元気でしょうか。私は今、競争をしています。

庭で色づく紅葉たちと競争をしているのです。
何の競争かって? それは・・・ 一番下で話しましょうか。



さて、現状報告から。開始前の下馬評では「ダメだろう」と言われていた紅葉ですが、結構いい感じでの色づきを見せています。
現在庭園の東は紅葉盛り。西も結構色づきを見せていますので最高潮を迎えるのは11月27、28日あたりでしょうか。

・・・やっぱり週末に合わせてきますか。そうですか。




写真で現状を見ていただきます。


<散り紅葉 綺麗ですねぇ>


<国東塔と八幡の紅葉>


<芙蓉池周辺 まだまだ行けます>


<存古楼の中から見た紅葉>


このような感じです。真っ赤っかです。



しばらくは綺麗な状態が続くかと思われますので、紅葉を静かに楽しみたい方は是非どうぞ。
マナーの悪いアマチュアカメラマンの方はぜひともご遠慮下さい。(ペコリと一礼)





さて・・ 紅葉とのどちらが先に散るかの競争はまだ続きそうです。南無阿弥陀。



  


Posted by ハシモトシンジ at 13:06Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月18日

紅葉通信Vol.7

今日は解禁日! なんの解禁かって?

そりゃあアレに決まってるじゃないですか、アレですよアレ。






そんな訳で飲むのに忙しい最中! 解禁祝い更新ー!!
とりあえず写真並べておきますね。













い〜い感じに染まってきましたね。染まってきた=寒いなんですけどね。
今日の解禁パーティーは紅葉の限定ライトアップ付きで開催中です。


月も綺麗なことですから楽しく飲みましょうか。



  


Posted by ハシモトシンジ at 19:18Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月17日

お茶の花が咲きました




白沙村荘にもお茶の木がありまして、芽を吹く頃には葉を毟っては美味しく頂いているのです。



そのお茶の木に、可愛らしい花が咲いています。




椿の仲間とは解っていても、花をマジマジ見るのは初めての事。佗助よりさらに小さな可愛らしい花です。


そして何より良い香りがします。クチナシとジャスミンを混ぜたような清々しい香り。



しばらくは癖になりそうですよ、コレ。
  

Posted by ハシモトシンジ at 17:02Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月17日

近所でオススメの紅葉




写真は茶懐石の三友居さんが管理されている塵外室。


白沙村荘からは徒歩1分圏内にあり、ちょうど今出川通りを隔てた反対側に位置しています。



その外側から見える紅葉が毎年のように綺麗なんですよね。手入れが良いのかな?

永観堂→哲学の道→銀閣寺→塵外室チラ見も中々オススメルートでございますよ。




あとは哲学の道途中、光雲寺あたりにある多分霊廟の白壁に映える紅葉。

そして平安神宮の大鳥居から粟田口に抜ける途中、「神宮道」の信号向こうに見える鮮やかな紅葉。

あれは何処の紅葉なのか。ちょうど青蓮院の手前なんですがね。


その辺が密かなオススメです。
  

Posted by ハシモトシンジ at 00:48Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月16日

NHKに物申ーす!!

普段から思ってはいたものの、言うことが憚られているような気がしてあまり口に出さなかったNHKへの不満をぶつけてみようー。(オー!)


我々はー (我々はー!)

幾度となく堪えてきたー (堪えてきたー!)

しかし同じ事が繰り返されるばかりではないかー (ないかー!)


何故我々が堪えなければならないのかー (ないのかー!)


速やかな改善、変化を我々は要求するー (要求するー!)




何度も 何度もー (何度もー!!)





同じ内容のー (内容のー?)





アルゴリズム体操とFLAMYは見たくないんだー (ア、ア、アルゴリズムー?)


せめて今やってる大河のパロディくらいしてくれー (・・・)






と、まぁNHKというよりはNHK教育なわけですが、本当に苦痛ですよ?

毎週毎月どころか・・ 毎日同じ内容とかもあるし。ピタゴラスイッチは予算止められてるんですか? みたいな。




そんな訳で最近は専ら「いないいないばぁ」と「みぃつけた」子供に見せてます。

「にほんごであそぼ」も最近微妙だし・・一体何がどうなってるのやら。








(お前がどうなってるのやらとツッこまれながら退場)
  

Posted by ハシモトシンジ at 17:09Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月16日

生き延びた哲学の道

紅く染まる桜紅葉の並木が美しい哲学の道。散りゆく落ち葉はまるで炎の一欠けらのよう。


しかし春先には桜、桜と持て囃されるにも関わらず、それら桜紅葉には誰ひとり見向きもしない。

色彩的には楓紅葉を凌ぐ逸材なのに。



道行く人は知らない。もしかしたらこの道は無かったかもしれない事を。

目の前に当たり前に続く疏水の流れも、散策道も、そして桜並木も一度消えかけた事を知らない。





桜が伐られて、疏水が埋め立てられ、車道が作られる予定だったといいます。


この事からも「哲学の道」が近年になり、ようやく保存対象となったのがわかりますね。




もしかしたら無くなっていたかもしれない桜並木。

そう考えながら見てみると、また違う美しさにも見えます。
  

Posted by ハシモトシンジ at 12:19Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月14日

からかいながら

11月も半ばに入ると、俄然通行者や来館者の毛色が変わります。


それはまるで普段には見ることのない生態系のような情景。異質なシナプスの織り成すワンダーランド。


たまに迷い込む分には楽しいです。頻繁には御勘弁ですが。





そんなワンダーランドで今日もナイスな方に出会ってしまいました。


「こちらの地図を御参照の上お進み下さいね」

「勝手に回れってか?」

「宜しければべったりご案内しましょうか?」

「いや・・別にいい」



いいのかよ。 (^▽^;)




「障害者手帳使える?」と聞いた御夫人。入り口から受付に来るのも難儀そう。


受付を済ませ、よっこらよっこらと進む御夫人を心配して見てみると・・




松葉杖小脇に抱えて、スタスタ歩いたはりますがな (^▽^;)





ウン、ウン・・奥が深い。(頷きながらフェードアウト)
  

Posted by ハシモトシンジ at 15:21Comments(1)【勤務日誌】

2010年11月13日

紅葉通信Vol.6

寒さも増した11月の半ばの土曜日。哲学の道の桜並木もすっかり炎のような色づきになり、いよいよ紅葉シーズンの到来が身近なものとなりました。


白沙村荘の庭園も日々様子が変わっていましたが、今日になりその彩りを一層と増しています。
まずは一番早く色づく東側、存古楼周辺の芙蓉池を縦横から見て貰いたいと思います。









池が先日の黄砂でまたもや濁っていたので週末の懸念をしていましたが、なんとか綺麗になりました。
池に映り込む紅がとってもいい感じです。



まだ西側や日照の弱い部分は緑か黄色でしたので、本格的な到来はもう少し先になりそうです。
しかし白沙村荘の見所は丁度この東側。今がいちばん綺麗とも言えるでしょう。




さて・・ そろそろ来館者に注意を払わねばいけない時期になりましたね。
トランキライザーをボリボリ齧りながら頑張るとしましょう。


  


Posted by ハシモトシンジ at 14:46Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月12日

深夜の火災





けたたましいサイレンが鳴り響き、赤いパトライトの光が次々と増え閑静な銀閣寺門前の夜は瞬く間に慌ただしくなりました。

昨夜に起こった火災の詳細をまだ把握はしていないのですが、現場の雰囲気から察するに怪我人以上が出たのかも知れません。


誰にも不幸が無ければよいのですが。



先月は火曜日になると定期的に起こる火災があり、多分放火ではないかと言われていました。

今月は急に寒さが増したので、暖房機器による失火が増えるかも知れません。





昨年以来使っていない暖房機器にはくれぐれも気をつけて下さい。

油入れっぱなしとか、燃焼部の不具合とか色々ありますから。
  

Posted by ハシモトシンジ at 10:16Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月10日

紅葉通信Vol.5 【紅葉開始】

2階の窓から外見ればぁ〜・・・ 染まっている。



え? アレ? 昨日までそんなに紅くなかった気がするんですが。

というわけで白沙村荘にも紅葉シーズンがとうとうやって来てしまいました・・。なんてこった。




一日で驚きの紅さな訳ですから、明日からの染まり方も早いかも?

どうなんでしょうか?




カメラが見当たらないので、明日探してまた撮影したいと思います。

カメラどこ行ったのかな・・。
  

Posted by ハシモトシンジ at 19:44Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月09日

紅葉通信Vol.4

最近は夕焼けがやけに綺麗です。

やや黄色がかった光線が西から射しこむと、一日の終わりを感じてほっこりとした気分になります。ミレーの晩鐘さながらの心境ですよね。



さて、そろそろ神護寺あたりも染まり始めたようで、白沙村荘も間もなくかと思い見て回りますがまだムラがあります。かと言って全然というわけでもなく結構サクラやウルシ、ツタなどは綺麗に染まっています。



見頃は11月17日くらいかな? と思いますがいかがでしょうかね。



  


Posted by ハシモトシンジ at 17:09Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月08日

チキチキマシン猛レース?

岡崎で打ち合わせの帰りに、三条あたりから無数のクラシックカーが通過して行きました。


多分60'sあたりのクラシックカー。やたらカッコイイやつ。



なのでチキチキマシン猛レースとか言うと、かなり怒られてしまうレベルなんですがアレ何してたのかな?

多分トライアルレースだとは思うのですが。




博物館レベルの往年の名車が市内をバンバン走る様は、鮮烈な感動を呼びました。


また是非やって頂きたいですね。
  

Posted by ハシモトシンジ at 22:10Comments(1)【勤務日誌】

2010年11月08日

お知らせ


毎月ご好評を頂いているランチコースは11月1日〜12月12日迄、前日までの予約制となっております。


内容はお任せコースとなります。


また、本日よりランチセットを始めました。お好きなパスタまたはピッツァにプラス400円でミニサラダとドリンクが付きます。


11時〜15時までのメニューです。


  

Posted by ハシモトシンジ at 10:52Comments(0)

2010年11月07日

平野の家 わざ 永々棟

北野天満宮と平野神社のちょうど真ん中あたりに「平野の家 わざ 永々棟」がオープンしました。


昨日、今日とそのお披露目があり、現代に生きる数寄屋の技を皆が再確認されたのどはないかと思います。



この永々棟を手掛けた数寄屋大工の山本隆章棟梁曰く

大正末の木造建築を改修した「平野の家 わざ 永々棟」が平成22年11月に完成致します。昨今たくさんの「日本建築」が取り壊されていく中、少しでも多くの伝統的な大工の仕事を残したい思いから入手、修復致しました。
大工や左官、庭職人を始めとするたくさんのさまざまな職人たちの伝統技術を駆使し、また現代の技術や感性も盛り込みまして、また若手の訓練も兼ねた工事で3年がかりの完成です。

この家の建てられた時代の空気、西洋文化の影響を受け和洋折衷が持て囃された大正・昭和初期の文化の息吹を感じつつ、伝統的な京都の文化・日本文化の素晴らしさを再認識していただける空間になればと願います。
古い技術や文化を受け継ぎながらそれに新しい技術も加えて次の世代へ伝えていく、その営々としたつながりが今日の伝統の姿なのだと思います。未来へ広がってほしいと願います。

だという事です。



またこの永々棟にはエラールというピアノの名器があり、それを使用したコンサートも開催されます。

内容、日時は以下のとおり。


「エラールピアノとゆかりの作曲家たち」
平成22年12月4日(土)午後2時・6時 5日(日)午前11時・午後2時

「エラールピアノで聴くショパンとリスト・ドビュッシーとラヴェル」
平成22年12月11日(土)午後2時・6時 12日(日)午前11時・午後2時

「エラールピアノで楽しむクリスマス」
平成22年12月18日(土)午後2時・6時 19日(日)午前11時・午後2時

会場 永々棟(京都市北区北野東紅梅町11番地) 会費 1500円 お抹茶付き



お問い合わせは わざ永々棟事務局「コンサート」係
Tel 075(462)0014 Fax 075(462)0114 までどうぞ。
  


Posted by ハシモトシンジ at 20:13Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月06日

ビジネス用語の存在意義

世の中には多種多様な文化があり、それに沿うように様々なコトバが生まれています。



身近なものだとまずは日本語。そこから地域により方言が存在しています。

この方言は言語文化として地域で、また日本語として保護すべきもの。


しかし「恥ずかしい」とか言って使わないらしいので、非常にもったいないですね。

会社で使えとは言わないので、家内では使いながら捨てないようにしましょう。




こういった文化としての言語は非常に理解しやすいのですが、いわゆるビジネス用語というヤツには未だに免疫がありません。

語義が解らないのではなく、わざわざ使う意味が解らない。




たまにビジネス用語全開の会話に巻き込まれると、「海外が長かった訳でもあるまいに」とハイハイ頷きながらげんなりとしてしまいます。


よくテレビに影響されている子供に「テレビの見すぎだ」と言いますが、これもそんな感じで「ビジネス本の見すぎだ」ってヤツですよね。

単なるビジネスオタクです。




例として
・クラウドソーシング
・バズマーケティング
・ロングテール

見ただけでは理解不能な用語ですよね。また横文字だからといって、英語圏では通用しない場合があるというのがなんとも・・。




ちなみに
・クラウドソーシング(不特定多数に対する小規模な業務委託)→内職
・バズマーケティング(ネットなどを媒介とした広告戦略)→クチコミ
・ロングテール(長期にわたり一定数売れ続ける商品)→定番商品

で構わない気がするのは気のせい?
  

Posted by ハシモトシンジ at 16:43Comments(0)【勤務日誌】

2010年11月05日

焼肉 弘 烏丸店開店

今日は誕生日だからという事で、弘サンに行く事にしました。

ちょうど烏丸店が開店したと聞いてのセレクトでしたが・・満席。



それも当たり前。なんと今日が開店初日だそうな。

取れる訳ないでしょー。



仕方ないのでお身内に、他の店は空いているかを打診すると・・木屋町、先斗町、縄手は満席。

でも本店が空いてました。

個室が取れましたので、家族でノンビリできました。本店の個室イイですね。



烏丸店にもいずれリベンジをと思いながらも、牛肉があまり得意ではないのは内緒です。
  

Posted by ハシモトシンジ at 21:56Comments(0)【勤務日誌】