京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2009年07月31日

牛頭天王いろいろ

長かった祇園祭も本日でフィナーレを迎え、京の町に再び日常が訪れることとなります。


鉾町の皆様、お疲れ様でした。いつもは雨に遭いやすい宵山と巡行が晴天で何よりでした。



さて、祇園祭と言えば茅ノ輪。茅ノ輪と言えば蘇民将来。蘇民将来と言えば武塔ノ神。武塔ノ神と言えば牛頭天王です。



蘇民将来や茅ノ輪に関する話などは祇園祭期間中に、散々皆様お話されていますから割愛。


そこで祇園祭の祭神はどんな姿なのかを知らない方も多々いらっしゃるはずなので、様々な姿の牛頭天王を見てみましょう。




まずは現在よく知られている姿。




明王系の姿です。索縄は不動尊からの影響でしょうか。斧を持っていますが、どうやら牛頭天王の利器は斧なんですね。斧持ち+牛という図式は、実にギリシアのミノタウロスを連想させます。

なので時にミノタウロスまんまな図柄で、牛頭天王が紹介されていることもあります。

どのみち色んな神様と習合してますから、今更ミノタウロスが混ざったくらいでは驚きませんが。



そしてヒンドゥ神丸出しな姿。




同じく明王系の中で一番古い姿となるのでしょうか。三面六臂の姿で、頭上に牛を冠しているみたいです。

真ん中の顔が馬に見えて仕方がありません。




こちらは何やら鐘馗みたいな・・はたまたバイキングのような姿。




一番らしくない姿ではあります。なんか違う気が・・。




そして最後。




牛頭天王は、画面に大きく描かれている天刑星に捕まり喰われている姿で描かれています。


天刑星は邪を辟する(祓う)神であり、牛頭天王はその辟される側の疫神なのです。これが元々の姿。




その後に天刑星と習合し、多分様々な国津神や外来神と混ざり合いながら今の姿に定着したのではないでしょうか。




ホントに日本の神様は由来が解りにくい仕様になってます。




Posted by ハシモトシンジ at 23:09│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。