京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2011年06月01日

関雪の石碑

関雪の石碑


神戸市中央区の大倉山公園内に、大きな石碑が建てられています。
側面には「遊於藝」、「橋本関雪先生之碑」と記されたこの碑は、この辺りで関雪が生まれた記念に置かれたものですが兵庫県の方に聞いてもそこにあることはあまり知られていません。

遊於藝という言葉は、論語の述而篇よりの引用で「子曰、志於道、拠於徳、依於仁、遊於藝。」の最後の部分を用いています。現在では「藝」というと技術的なもの、例えば藝能ですとか藝術と理解されますがこの場合は六芸(道徳・音楽・弓術・馬術・文学・数学)を指しています。


しかし関雪と言えば、日本画家として著名ですからこの石碑に限っては「藝術」の藝だと考えて良いのではないかと思います。


「藝の境地に遊ぶ」 この言葉は六芸や周礼を知らぬ人にも芸術家だから「藝」なのだと理解しやすく、またそれらを知る人には関雪の儒家としての側面と、六芸を士の嗜みであるという部分において関雪が持っていた矜持を窺い知ることの出来る深い言葉の選び方だと思います。



ところでその石碑のある大倉山公園にもWebがありまして、少し覗いてみますと・・大倉山公園  アレ?

全然やる気ない感じでした。見るものがほとんど無い・・。



これは知られてなくても仕方ないですなぁ。



同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 06:32│Comments(0)【勤務日誌】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。