京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2011年05月16日

パクリの概念

「この猿は長谷川等伯のパクリだね」とある人が言った。

パクリといえばそうなのかも知れないけど、一応描かれた背景に古典の復興というものがあるのだから比較するべき本歌を出してこないと話にならない。関雪の場合はそれが長谷川等伯であり、浦上玉堂でありそして石濤や張瑞図であるという事なんだ。


現在では長谷川等伯や伊藤若冲、曾我蕭白なども不動の評価を得ているのだけど、当時はどうであったのか? もちろん不当に評価が低いわけではなくても、新時代を迎えてまず若者が行うのは旧時代の価値観の破壊。

ならば明治以降にも当然、そういった事は行われ続けていたはず。



その状況があるからこそ、そんなに遠くない江戸時代の古典を関雪は四条派の技法でリメイクし、そしてそれは成功を収めたと思う。関雪の「玄猿」を見るにあたり、長谷川等伯は外せない比較材料となった。他にもそういった形での古典の再評価に繋がる焼き直しを関雪は数多く行っている。



しかし、それは「パクリ」の一言で終わらされてしまうのか。
時代背景を考えれば正当な行為であって、オマージュだろうとは思うのだけれど・・そう考える人も多いのでしょう。多分ね。






同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 17:33│Comments(0)【勤務日誌】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。