京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2011年01月24日

人は愛を忘れる

街路樹の剪定を見ながら、息子が何かをイチョウに話しかけていました。

何だろうかと聞いてみると、「かわいそうだけど我慢してね。すぐに芽が生えるからね。」とイチョウを憐れんでいたのでした。



確かに物言わぬ植物とはいえ、存在していればそこに生命があるわけです。



子供の頃には、ありとあらゆる自然に生命を感じ、愛していたのに・・次第に木にも虫にもそして動物にも愛を与えなくなってしまう。

それは人に対しても同じなのではないか?




子供の無垢に触れれば、もう一度全てを愛する豊かさを取り戻せるのではないだろうか。



子供はいつも心の豊かさを語ることなく教えてくれる。

中々侮れないこの小さな生命を、まずは愛してみようか。


同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 16:18│Comments(1)【勤務日誌】
この記事へのコメント
メッチャ良い話。
胸が少し温かく成りました。
Posted by HIROSHI UETAHIROSHI UETA at 2011年01月26日 03:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。