京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2010年11月07日

平野の家 わざ 永々棟

北野天満宮と平野神社のちょうど真ん中あたりに「平野の家 わざ 永々棟」がオープンしました。


昨日、今日とそのお披露目があり、現代に生きる数寄屋の技を皆が再確認されたのどはないかと思います。



この永々棟を手掛けた数寄屋大工の山本隆章棟梁曰く

大正末の木造建築を改修した「平野の家 わざ 永々棟」が平成22年11月に完成致します。昨今たくさんの「日本建築」が取り壊されていく中、少しでも多くの伝統的な大工の仕事を残したい思いから入手、修復致しました。
大工や左官、庭職人を始めとするたくさんのさまざまな職人たちの伝統技術を駆使し、また現代の技術や感性も盛り込みまして、また若手の訓練も兼ねた工事で3年がかりの完成です。

この家の建てられた時代の空気、西洋文化の影響を受け和洋折衷が持て囃された大正・昭和初期の文化の息吹を感じつつ、伝統的な京都の文化・日本文化の素晴らしさを再認識していただける空間になればと願います。
古い技術や文化を受け継ぎながらそれに新しい技術も加えて次の世代へ伝えていく、その営々としたつながりが今日の伝統の姿なのだと思います。未来へ広がってほしいと願います。

だという事です。



またこの永々棟にはエラールというピアノの名器があり、それを使用したコンサートも開催されます。

内容、日時は以下のとおり。


「エラールピアノとゆかりの作曲家たち」
平成22年12月4日(土)午後2時・6時 5日(日)午前11時・午後2時

「エラールピアノで聴くショパンとリスト・ドビュッシーとラヴェル」
平成22年12月11日(土)午後2時・6時 12日(日)午前11時・午後2時

「エラールピアノで楽しむクリスマス」
平成22年12月18日(土)午後2時・6時 19日(日)午前11時・午後2時

会場 永々棟(京都市北区北野東紅梅町11番地) 会費 1500円 お抹茶付き



お問い合わせは わざ永々棟事務局「コンサート」係
Tel 075(462)0014 Fax 075(462)0114 までどうぞ。



同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 20:13│Comments(0)【勤務日誌】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。