京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2013年08月27日

鴨川の芝生、跡形なく 三条〜四条大橋の河川敷@京都新聞

今朝の京都新聞の朝刊に、つい7月には青々としていた鴨川の河川敷の芝生が全く無くなってしまったとの記事が載せられていました。

鴨川の芝生、跡形なく 三条〜四条大橋の河川敷:京都新聞


写真は新聞社のサイトで確認して貰うと良いのですが、7月当時の状態と現在の状態が比較画像として載せられています。
確かに以前通った時は綺麗に芝生を貼っているなと思いましたが、現在はというと・・結構無残な状態です。
その時も皆さんワァワァ、ワラワラと芝生の上で往来したり円座を組んでいたりしたので心配はしていましたが。


記事の中では雨が少なかった事も原因の一つにあげていましたが、結局はというと踏み荒らされて消えちゃいましたっていうのがほぼ大部分の原因でしょう。
コメントに紹介されていた『わずかに芝生が残る場所で座って談笑していた**さん(人物名省略)は「土の散策路との仕切りがないので何も知らずに立ち入っていた。注意書きがあれば配慮したのに」と話した。』という内容にも示唆されている通り、全く芝生への配慮を欠いた人ばかりがウロウロ往来すればそりゃあっという間に消えて当然でしょう。

「注意書きがあれば配慮したのに」っていうのも20歳越えた人の意見では無いと思うのですよね。実にイラっと来ます。

こういう責任転嫁型の人っていうのは「注意書きが書いてあれば→書いてあっても気づきませんでした→もっと分かりやすく大きく書くか注意書き看板の数を増やせば→人を配置して口頭で言ってくれれば→柵を設けないのが悪い」と色々なパターンで言い訳をするシナプスが形成されている生き物なんですよね。
この場合は一端の成人ならば「知らぬこととはいえ不注意だった。これからは芝生への配慮を大事にしたいと思う。」が適切なのではないかと思うのですけどね。




公共の場所であればあるほどそういう常識的なマナーに配慮できてこそ、その恩恵を受けることが出来る権利があるはず。
それが出来ないのなら単に芝生を荒らす害獣、害虫と何ら変わることはありません。

庭においても同じことで、上記のような感じで「知らなかった、書いておけばいいのに」と苔を踏み荒らされた事で公開を制限したり中止したりする事例も少なくありません。白沙村荘においても現状はフルに公開していますが既に公開制限を実施検討しています。



結果として保全のため河川敷や庭園に「立ち入らないで下さい」と閉めだされてしまって一体誰が得をするのか。
ほんの少しの常識とマナーでその状況が一変するはずなのにと考えると実に惜しい事です。









同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 00:45│Comments(0)【勤務日誌】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。