京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2012年06月03日

蛍の季節



水無月に入り、少しばかり蒸し暑さも感じられ始めると「あぁ、そろそろ梅雨に入るかな」と思います。

湿り気に誘われるようにヘビも顔を出し始め、虫たちも俄然その勢力を増してくるのです。
蚊も出始めて、そろそろ蚊取り線香とキンカンが必須アイテムとなるのですよ。


甲虫類はもう少し先の話しながら、そういう時期になると毎年「そろそろかなぁ」と待ち遠しくなるのです。
何がかと問われると、そりゃあ蛍がそろそろ舞い始めるのではないかと思っている訳です。蛍。



やっぱり綺麗ですから、あの光をジイッと見ているとなんだか過去も未来もどうでも良くなってしまい、時間も空間も溶けて行きながら自分自身が闇に溶けてしまって、その中から視界だけを蛍の放つルシフェリンの明滅に開いているような。そんな錯覚におそわれるのです。




関雪も幾つかの蛍を描いていますが、これは白沙村荘に所蔵されている色紙大の作品。




ゲンジボタルが川べりの草に止まってゆっくりと光っている情景です。
関西在住の方はやや早く、関東在住の方はゆっくりとした明滅に脳内補正しながら見て下さい。


秘密の穴場はどんな具合かな〜 見に行きたいなぁ。





同じカテゴリー(【橋本関雪】)の記事画像
瑞米山 月心寺、大津大谷 走井について
生誕130年 橋本関雪展が終わって
橋本関雪大画室 存古楼改修工事 第1期終了のお知らせ
古代オリエント博物館 「古代の楽園 −神話、来世、桃源郷…−」
生誕130年 橋本関雪展@兵庫県立美術館 内覧会当日
生誕130年 橋本関雪展@図録通信販売のお知らせ
同じカテゴリー(【橋本関雪】)の記事
 瑞米山 月心寺、大津大谷 走井について (2013-10-25 16:40)
 生誕130年 橋本関雪展が終わって (2013-10-23 13:22)
 橋本関雪大画室 存古楼改修工事 第1期終了のお知らせ (2013-10-19 13:30)
 古代オリエント博物館 「古代の楽園 −神話、来世、桃源郷…−」 (2013-10-02 20:06)
 生誕130年 橋本関雪展@兵庫県立美術館 内覧会当日 (2013-09-15 12:00)
 生誕130年 橋本関雪展@図録通信販売のお知らせ (2013-09-13 04:12)

Posted by ハシモトシンジ at 19:20│Comments(0)【橋本関雪】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。