京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2011年08月13日

送り火マツ問題、再燃。

送り火に使用を決めたマツの表皮からセシウムが検出された事で、またまた論議が再燃しそうな感じとなっています。


新聞や各メディアでは「古都の権威失墜」だとか、「最初からやれば良い」とか結構好き放題言っています。まぁ確かにこの流れですと「最初のマツは大丈夫だったのに」という話にもなりそうなのですが、なんか腑に落ちない部分も多く残ります。





まずはマツを用意したNPO法人。「再び断念」の結果をもたらしたのは実は彼らですよね?

マツが京都入りしてから検査を受け、「放射性物質検出ならば使用は断念」の前提があるのなら、普通は持ってくる前に入念にチェックし舞台を整えるのが基本。しかも今回は結構大きな問題になっているので、十分注意が必要だったと思います。

なんというかワザとなのかとも思えるお粗末さ加減です。やっぱりワザとなのかな?





今回の一件は大文字保存会も、京都市も、被災地の方々も誰もスッキリしないという最悪の結末を迎えてしまいました。誰が悪いという話でもないはずなんですが、あえて言うなら過熱気味の報道が一番悪い気が。ちょっと煽り過ぎな感じもしますしね。




同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 09:29│Comments(0)【勤務日誌】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。