京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2011年07月02日

ハンゲショウの盛り




庭の浄土池と呼ばれる持仏堂裏の池が数年前から枯れ始め、今は水のない池になっています。
出来れば早いうちに水を入れたいなと考えているのですが、諸々の問題もあり早急な解決には至れないもどかしい状態が続いています。


その当初は蓮池であったと思われる池に、いつからかハンゲショウが根付きました。





最初は2,3株。気がつくと結構な数の株が根を張りどんどんと増えているのです。
ハンゲショウ、半夏生とも半化粧とも書かれる植物。半夏生は半夏の頃に生えるから。半化粧は葉の片面が白く半分だけ化粧をしているかの様に見えることから・・だそうです。


どちらの説にも納得のいく説明がされているので、どちらでも良いのでしょう。

どうやらこの植物は”日本では生育に適した土地が減少していることから自生株は近年減少傾向にあり、地域によっては絶滅が懸念されている”とされているようなので、できるだけ大事にしないといけないみたいです。




水を入れたら絶えるのかしら? と考えたら中々思い切れないので、よく調べてから水をいれることにします。稀少種は大事にしないとね。




Posted by ハシモトシンジ at 15:44│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。