京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2010年12月26日

幸せであるように

クリスマスに子供は幸せであるべきだと思う。


スヤスヤと寝息を立てて、未来へ進む子供達のために、大人は何かを考えて実行するべきだと思うのです。

子供は無限の可能性を宿した、ヒトガタの萌芽。慈しみ、見守り、暖かく導くのが正しいのではないだろうか。




暖かい布団に包まり、プレゼントを待つ子供がいる。その反対に寒さに打ち震え、空を見つめる子供もいるだろう。

様々な環境、様々な想い、そして様々な人間関係が子供の樹形を形作る。



子供はすなわち大人の鏡なのです。大人が素直な、利口な、無邪気な、歪んだ子供を作るのだと思うのです。





子供を持つ人も、持たざる人も。好きな人も、あまり好きでない人も。

クリスマスの日には子供達の未来に、暖かな気持ちを投げかけて欲しい。


今年のクリスマスにはそう考えました。




・・すでに昨日になりましたけどね。


同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 00:54│Comments(0)【勤務日誌】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。