京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2010年07月07日

笹の節句飾り




7月7日は笹の節句、いわゆる七夕の日ですね。


牽牛と織女が天の川を渡り、一年に一度の逢瀬を果たすストーリーはよく知られています。

「天の河の東に織女有り、天帝の子なり。年々に機を動かす労役につき、雲錦の天衣を織り、容貌を整える暇なし。天帝その独居を憐れみて、河西の牽牛郎に嫁すことを許す。嫁してのち機織りを廃すれば、天帝怒りて、河東に帰る命をくだし、一年一度会うことを許す」


恋人同士のロマンスが魅力的なイベントでありますが、肝心の恋人達にはスルーされています。

台湾などではバレンタインデ−のように祝われているみたいですけど。




日本においては五節句はむしろ子供や家族の健やかなる事を祝う歳時ですよね。


笹飾りに関しては明治期に幟の様式から軒飾りに移行したようで、それ以前の風俗を描いた浮世絵などには天高く立てられた幟に様々な飾りがされていた様子が描かれています。

非常に格好良いので、一度はやりたいものです。



写真はノアノアに飾られた笹飾り。毎年飾りつけています。

近くに来られた際には是非御覧下さいね。


同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事画像
白沙村荘紅葉通信2013 Final
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.21
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.20
白沙村荘紅葉通信2013 Vol.19
同じカテゴリー(【勤務日誌】)の記事
 最終更新 (2014-01-20 18:51)
 新美術館工事に関しての展示の休止につきまして (2013-12-16 22:47)
 白沙村荘 橋本関雪記念館の年末年始の開館につきまして (2013-12-12 22:52)
 白沙村荘紅葉通信2013 Final (2013-11-28 15:28)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.23 (2013-11-26 13:46)
 白沙村荘紅葉通信2013 Vol.22 (2013-11-24 13:51)

Posted by ハシモトシンジ at 14:21│Comments(0)【勤務日誌】
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。