京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


2009年07月22日

0722WED 日食

今日は老いも若きもお天道様を仰ぎ見るかのようなニュースが、朝から晩までバンバンバンでした。


多分先週まで「ダイヤモンドリング」と聞くと、普通にダイヤの指輪を想像していた人も今日に限っては「・・日食?」と返してくるのではないでしょうか。



個人的には日食の原理を理解していても、なんとも気色が悪い現象ですからあまり見たいとは思いません。

白夜もそうなんですが、不自然なんですよね。まだしも煌々と輝く満月のほうが見てて楽しいです。





鹿児島あたりのトカラ・悪石島では残念ながら暴風雨に阻まれたようですが、他の地域ではなんとか見えたようです。


京都でも部分日食が観測できたようですが、残念ながら忘れ去っていました。多分祇園祭の宵山か巡行あたりに被れば話題性はあったのでしょうね。




実際に数年前の宵山に月食がありましたが、かなりの数のカメラマンがお空に向けてスタンバイしてました。


夜更けに入り佳境に入った祭囃子と八坂に向かう山達に合わせて月食が始まり、帰りに合わせたかのように再び月が姿を現す演出は中々思い出深いものでした。
日食と違い、月は元々あたりが暗いですからね。違和感もあまり無かったです。



ああいうものなら、もう一度見てみたいですね。



Posted by ハシモトシンジ at 23:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。