京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年11月01日

白沙村荘紅葉通信2013 Vol.1

先に宣言の通り、本日から白沙村荘の紅葉状況を皆様にお知らせ致します「白沙村荘 紅葉通信2013」を開始致します。

ここ数日は雨も少なく、日中暖かで夜半は冷え込む・・というナイスな天候となっています。
もしかしたら良い感じの色付きが期待できるかもしれませんね。
ではまず庭園東側の現状から。毎年必ず東側から色付きますから、ここを指針にすれば良いわけです。





主家(オモヤ)から見た芙蓉池(フヨウチ)周辺のカエデ。




庭園東入口、矯々門(キョウキョウモン)上のカエデ。


池に近い方のカエデはやや黄色がかっていますね。あと10日くらいといった所でしょうか。
門の上のカエデは、更に上にカエデがあるのでまだ青葉のままです。



今日の状況を見ますと、メイン部分の紅葉は20日辺り。西側紅葉はほぼ12月くらいかと思います。
最悪なパターンはこのままの色で葉が樹上で枯れることでしょうか。

また明日もお知らせしたいと思います。
  


Posted by ハシモトシンジ at 12:41Comments(0)【白沙村荘】【勤務日誌】【庭園・紅葉通信】

2013年11月01日

厄年というもの

あまり今まで気にしていなかった厄年というものが、ここしばらくの間で存在感を否応なく増し続けています。
今年に入ってからというもの色々と妙な出来事が立て続けに起こり、またそれが一つ二つでなく起こり続けるというなんとも過酷な状況。
人との衝突も数多く起こりながら、それを何とか対処する毎日。

これはおかしいと思い、フト気づいて厄年を調べてみると・・

今年は前厄でした。
前厄でコレ!? 来年の本厄と再来年の後厄は一体どうなるのか。
とうとう倒れちゃったりするのでしょうか。

しかし、難儀なことが起こり続けていると言ってもそれは新しい動きをする際には必ず起こること。
人から誤解を受け続けても、罵られても、心が通じなくても傍には必ず理解してくれる人もいます。
そういう人からの期待と声援を受けて、今まで走った道のりを思えばこんなもん何てこたぁ無いはず。

厄だ、厄だと考えるよりは、にっこり笑って明日へ進むほうが好ましいと思います。
精一杯頑張って、苦しい時は笑い飛ばして行きたいと思います。



来月からも色々忙しい。だから厄を置き去りにするつもりで全力疾走すれば良いのではないかと思うわけです。
  
タグ :厄年


Posted by ハシモトシンジ at 00:48Comments(0)【勤務日誌】