京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2012年07月08日

子供の教育 大人の意識

例えば子供が居たとして、何かの拍子にガラスを割ってしまったとします。
多分その際にその子はこういうでしょう。


「ガラスが割れた」と。




しかし正確に言えば、この場合「割れた」のではなく「割った」が正しいはずなのです。
子供は罪の意識なく自己を正当化します。大人がそれを指摘していかないと、彼らのシナプスには「上手く言い逃れる」という行動が刻まれていきます。周囲にいる大人がもし子供と同様の場合には、同じように行動するように学習して段々と歯止めが効かなくなってきます。



「いじめ」は「遊び」に。「手下」は「仲間」に。「殺した」は「死んだ」にに都合よく変換されていきます。
今回騒ぎになっている大津の件ではいじめによる自殺とされていますが、伝聞の中ながら不可解な点も多いので今後想像を超えた展開があるかもしれません。しかし事実としては「精神的および肉体的な暴力に晒された少年が結果死に至った」ことは間違いのないこと。



しかもそういう内容で転校した少年2人は何と京都の中学校にいるという話です。
少年たちの両親は「私達こそ被害者」と仰っているみたいですが、実際にそういう話で自分の子供のいる中学校にその少年が来たら・・どうなんでしょうか。

結構近くにある学校なので心配しています。



この事件の顛末は一体どうなっていくのか。これは「大人」と「子供」が現在置かれている社会的関係の異常性を顕著に示す事例となるようなそんな気がします。関係者は決して火消しに回らずに、逃げずに根本的な解決へと向かって下さい。

少年たちは事の仔細は取り敢えず置いておいて、自分の中にある実際に起こった真実をもう一度思い起こして下さい。
その中で本当に実際あったことと、現在噂されている内容が全く違うのならそれを堂々と皆の前で述べて欲しいと思います。



兎にも角にも子供は大人のひな形。子供が問題を起こすっていうのは、近くにいる大人が間違っているということなんです。
それをよく考えて行かないとこの問題や、同じような問題は延々と起き続けるのでしょう。


  


Posted by ハシモトシンジ at 22:17Comments(0)【勤務日誌】