京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年06月25日

小笠原諸島が世界自然遺産に

東京の少し南に「日本のガラパゴス」と呼ばれる独特の生態系と、豊かな自然をもった小笠原諸島と呼ばれる島々があるのは皆様ご周知のことと思います。


少し前にも12種の固有生物が「絶滅」と認定され、今なお危惧種が多く住むその島に・・ある意味危機が訪れています。世界自然遺産に登録されることになったのです。

小笠原諸島、世界遺産に決定ユネスコが生態系評価:京都新聞






ある意味喜ばしいことながら、また反面では「正気なのか」と思うわけで。
密猟、乱獲、そして殺害が相次ぎ、ついでにその辺りはゴミだらけの吸殻だらけになってしまい、評価されていた生態系がほぼ消滅するにいたり「世界初の世界遺産認定抹消」なんて不名誉な話にはなりませんか?

歴史遺産や文化遺産とは違い、自然遺産ですから馬鹿みたいに人が行くと生態系は・・お察しの通り。



知床も酷い有様ですよと聞くと、素直に喜べない話なのですよね。
京都にいるから、その酷さもよく解るってのが皮肉な話なのですが。


小笠原諸島:wikipedia  


Posted by ハシモトシンジ at 12:30Comments(0)【勤務日誌】