京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年12月08日

麺屋うえだの主人に敬服

偶然見ていた「料理の怪人」という番組に、埼玉の「麺屋うえだ」が紹介されていました。



無論、ラーメン店ですから出されているラーメンも紹介されてはいましたが、どちらかと言えば主人の上田美小枝さんの仕事をメインに紹介されてました。

見て、ただひたすら唸りました。



こんな人がいるんだな、と感嘆。

何より敬服したのは、仕込みを一人で全て行っているという事。

私の母とほぼ同年齢にも関わらず、ガツガツとパワフルな仕事ぶり。




この仕事ぶりと哲学は半端じゃないですよね。

本気で感嘆しました。京都のラーメン店も、この人を見習えれば良いのに。無理か。




しかし良い仕事・・というか人生を見ました。

元気を貰って、明日からも頑張れそうです。
  

Posted by ハシモトシンジ at 21:47Comments(0)【勤務日誌】

2010年12月03日

12月ランチコーススタート!

早いもので今年も残り1ヶ月を切りました。

今年最後のランチコースが1日よりスタートしております。


・アミューズ

・冬野菜とモッツァレラのサラダ

・魚介のブイヤベース
・七面鳥の赤ワイン煮込み パスタ添え


パン、デザート、コーヒー付き


¥2500

このコースは12月25日迄となっております。

今週末は土曜日がご予約が多く混み合っております。週末はご予約をお勧めいたします。


お問い合わせ、御予約は 0757714010 レストランNOANOAまでどうぞ。

  


Posted by ハシモトシンジ at 11:59Comments(0)【勤務日誌】

2010年12月03日

五代 田畑喜八新作展 〜おわら風の盆



「うちは先祖からの遺志で門外不出でござります」

太郎吉は にべもなくことわってしまう ことわりようは がんこである
(川端康成「古都」より)

昭和35年、川端康成氏が田畑家訪問の折、一人の若者が「川端先生、私は田畑家をモデルに小説を書きたいのですが」と話しかけた。すると先生は眼光鋭く「それは私が書きます」と言われた。そして出来上がったのが「古都」であり、その若者が今の五代喜八であった。


五代喜八新作展

日時 12月4日(土)・5日(日)10:00より17:00まで
会場 白沙村荘内 大画室存古楼にて
   ※会期中五代田畑喜八が来場された皆様をお迎え致します

特別企画 越中八尾「おわら風の盆」
     12月4日(土) 13:00 17:00の二回公演
        5日(日) 12:00
     ※会場内には小布紗屋ご招待者のみお入り頂けます。
     ※一般来場の方は会場外からの鑑賞となりますので御了解下さい。



上記イベントが土日の2日間開催されますので告知致します。

<イベント主催 (㈱)小布紗屋>
  


Posted by ハシモトシンジ at 10:20Comments(0)

2010年12月02日

クリスマスマーケットinちいろば




私事ではありますが、姉がマーケットイベントを行いますので告知させて頂きます。


【Weihnchts Market〜クリスマスマーケットinちいろば】

みんなのカフェちいろばの恒例となったクリスマスマーケット。

ヨーロピアンテイストの雑貨やアクセサリー、ハンドメイド作品などクリスマスプレゼントに最適な品々を展示販売致します。

一点物が多いのでお早めにどうぞ。



開催日時 2010年12月3日(金)〜5日(日)
9:00から17:00まで開催(最終日は11:00まで)


フラワーアレンジ:高木夕佳子(←コレが姉)
カリグラフィー:近藤道子
クッキー:谷 絵理
ポーセリンペイント:木村頼子


お問い合わせは

みんなのカフェ ちいろば
〒612-0889 京都市伏見区深草直違橋4-370

Tel 075-643-2476 Fax 075-646-3686

Web http://www.oozu.co.jp
京阪藤森駅下車 徒歩3分



宜しければ皆様お訪ね下さい。
  

Posted by ハシモトシンジ at 20:21Comments(0)【勤務日誌】

2010年12月01日

山茶花咲く庭で

今日は庭で婚礼がありました。


最近は式場や料亭ではなく、庭園や美術館などでするのが流行りみたいですね。




祝い事は何かと嬉しいもの。自分がその式にあまり関わらなくても、妙にウキウキしてしまうのです。


私自身の基本スタンスは「橋本家に客人を迎え入れる」なので、あまりドライにやろうとする人は白けるんですよね。



たまに深ぁ〜いため息でもってお見送りしそうになる時もありますからね。




そういう点では今日は良い家族、良い内容で最後まで行けたんじゃないかと思います。

紅葉も残ってましたしね。




白無垢を来た花嫁の姿は、まるで今庭に咲いている白い山茶花のように綺麗でした。


お二方、いつまでも幸せに。
  

Posted by ハシモトシンジ at 21:09Comments(0)【勤務日誌】