京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年12月22日

最強の大根おろし

いや、しばらく前にね"マジックブレット"というフードプロセッサを買ったんですよ。

深夜にフトつけたテレビ通販で、興味が湧いてですね勢いで買ったんですよ。



で、案の定しばらくしたら使う頻度は減りまして。御定まりの購入→嬉々として遊ぶ→全て試す→飽きはじめる→しまい込む→終了・・みたいな。

よくあるモデルルートを辿りつつあったわけですよ。





しかし、しかしですよ。

フト思いつきで試した大根おろし。


なんとこれが最高。何と言うか、クリーミーで辛さがまろやかで。そして水っぽさがまるで無い。




鍋が旨いこの時期だから、大活躍な訳ですよ。ねぇ、買ってよかったでしょう? ね?(背後からの視線をかわしながら自己肯定)
  

Posted by ハシモトシンジ at 22:29Comments(0)

2010年12月22日

来年の干支

寅年も残すところあと僅か。次の年は卯年です。



「家兎胡枝花(カトハギ)図(足立美術館蔵・島根)」


夏萩の下にいる三匹のウサギたち。二匹はパンダウサギと呼ばれる種類で、一匹は真っ白なウサギです。
関雪は晩年に動物をよく画題としていますが、それに伴い実際に動物を飼っていました。
このウサギたちも当時関雪が飼っていたものなのでしょう。

大正期のヨネ夫人の日記には「昨夜、主人帰朝の夢を見る。うさぎ、馬を連れて帰る。」
と書かれているので、その事がよく引き合いに出されています。

しかしこの頃はまだ金地院に仮住まいの身であるので、動物をたくさん飼っていた事実はなくあくまでも夢の話です。

兎は多くの子を成すことから「子孫繁栄」を願う画題としても扱われます。
そう考えた場合、関雪に三人の子供がいたことと、兎が三匹描かれていることを関連付けるのは、発想の飛躍というものでしょうか。



兎は可愛いからなのか、それとも干支の関係なのか結構な人気画題です。

この「家兎胡枝花図」の色紙と葉書もございますので、宜しければ新年の飾りにいかがでしょうか。
【お問い合わせ】 075-751-0446 白沙村荘事務局まで


  


Posted by ハシモトシンジ at 16:30Comments(0)【橋本関雪】