京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年09月14日

失意 1909 (橋本関雪展より)





第3回文展に出品された作品。


画題は杜甫の「江南逢李亀年」から。

岐王宅裡尋常見
崔九堂前幾度聞
正是江南好時節
落花時節又逢君


かつて玄宗と楊貴妃の寵愛を受け、唐の都市でトップスターとして活躍していた李亀年。

かたや役人として、その序列の端に居た杜甫。

杜甫が没する前年。江南の地で二人はまた巡りあいます。


杜甫にとって李亀年は、唐が最も輝いた時期の象徴であったのかもしれません。



【コメント】
初期の関雪の作品に関して共通するのは「暗さ」です。

なにやらイジけたような雰囲気すらある画題と画面が、20代の頃の作品に漂います。


これは正に当時の関雪自身の境遇を示すもので、正にイジけていたわけです。




関雪がこの状況から抜け出すには、あと五年近くの時間がかかります。
  続きを読む

Posted by ハシモトシンジ at 22:09Comments(1)【橋本関雪】