京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年06月17日

まるで禅問答

富山行きを明日に控えた水曜日。


明日、明後日と二日間不在の上に明々後日には銀閣寺と美学会が絡むイベント「白沙村荘を励ます会」がありますから自然と慌ただしくなります。


しかも今晩はオランダ大使が来館予定。



忙しい時は全てが重なり易いのはいつものこととは言え、頭の中は富山でのスピーチの件でいっぱいです。

わざわざ京都から行って、恥を曝すわけにはいきませんからね。




そんな中、左京消防署から一本の電話が。


よりによって今のタイミングかと思いつつ対応。用件は先日の罹災・・ではなく、新規の自動火災報知設備の設置に関する件。

この件に関しては文化庁からも指導が来ているので、事業として予定はしていますがまだ協議が出来ていないので実施日時が曖昧なままです。


なので「実施日時が決まり次第提出させて貰えないか」とお願いをすると「とりあえず現状を書いて出して下さい」との返答が。




え・・? 一応これって公文書扱いですよね?

何もかも未定のままの計画書なんて提出しても良いの?



それはマズかろうと再三提出延期を申し入れるもアウト。京都市や京都府、そして文化庁と足並みを揃えてくれればなんら問題ではない話なのですが仕方なし。


生まれて始めて、全て「未定」の計画書を書きました。本当にこれで良いのでしょうか・・。

逆になんだか落ち着かない話です。
  

Posted by ハシモトシンジ at 20:17Comments(0)【白沙村荘】