京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年05月06日

菖蒲の節句




昨日は菖蒲の節句でした。

一般的には端午の節句と言われますが、人日・上巳と呼ばずにいきなり端午もなかろうと思いますから菖蒲で。


そして白沙村荘ではただいま菖蒲が花盛り。薮の羅漢辺りで綺麗に咲いています。



ところでこの節句は、日本特有の「混ざり」となっているようですね。

かなり曖昧な行事みたいです。



一応大陸由来というのが定説ですが、起源となる行事は跡形もありませんしね。

屈原は何処に行ったのかと。




唯一、鯉のぼりがその由来を伝えているものでしょうか。

のぼりは元来仏教寺院で立てられるものですし、鯉は登竜門から「三級浪高魚化龍」と来て三匹なのかと思います。



また、鯉が三つの滝を昇ると龍になりますから、屈原祭の龍船に繋がるのかも知れませんね。





ともあれ五節句はそれぞれに家族の健康を願い、連綿と続けられてきた行事です。


普段は忙しい方も、節句の日は家族サービスに勤しむのが正しい在り方なのでしょう。

  

Posted by ハシモトシンジ at 12:51Comments(0)【白沙村荘】