京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年03月11日

池大雅×橋本関雪





かつて奥州に遊んだ関雪が立ち寄った旅館で、大雅の屏風を見つけました。


それは扇面の貼交になった古い屏風で、あまり良い状態ではなかったようです。
それを旅館の主人から譲り受け、損壊部分に自らが補筆し画冊に装丁し直したものが「池大雅倣古山水画冊」です。

補筆部分には関雪がみずから印を捺し、それとわかるように筆致も少し変えてあるようです。



至高の文人像として関雪が憧れた先達の一人である池大雅。
白沙村荘にはこの画冊と、「坐看雲起」の書が遺されています。(共に署名は霞樵)




  

Posted by ハシモトシンジ at 14:47Comments(0)【橋本関雪】