京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年02月13日

中からの視点

庭を歩くたびに気に病むことがあります。



それは苔の荒廃。




以前は来館者もまばらであり、なおかつ庭というものを知る知識人層がメインであったので守られていた苔が、見る間になくなっているのです。




「そこは踏まないでくださいね」
と時折注意をしますが、残念ながら聞いて貰えることは少ないです。





そこで色々と考えます。

庭を歩かせない方が良いのか。庭を休ませる時期を作ろうか。



極論として言えば、庭には下ろさずに建物内から見るようにするのが一番ベターなのですが。





いつも中から庭を見ている立場から言えば、むしろ中からの方が絵画的に視点が構成されるので、不慣れな方にも見やすいかもしれません。


いわゆる額縁の窓ってヤツですね。




さて、どちらの方法が良いのか。考えは巡り尽きません。

  

Posted by ハシモトシンジ at 12:09Comments(0)【白沙村荘】